フィンランド生まれのポールウォーキングで、ダイエット&肩こり解消!

スポンサー

最近、公園で両手にポールを持ってウォーキングしている人をよく見かけます。

ダブルポールウォーキングです。
平地を歩く場合、この運動の正式名称は、ノルディックウォーキングといいます。
1930年代にフィンランドのクロスカントリースキーチームが夏場のトレーニングとして始まめたのがきっかけで、現在では、世界40ヶ国を越える国でこのウォーキングが行われています。
特にフィンランドでは成人人口の20%にあたる82万人もの人が日常的に実施しています。

ノルディックウォーキングは、二本のポールを使うことで全身の筋肉を必要とし、普通のウォーキングよりエネルギーを約20%多く消費します。
体力UP、ダイエットにとても効果的です。
また、上半身をしっかり使うので、肩や首のコリの解消、肩甲骨の可動域の改善にも有効です。
さらに、歩行訓練やリハビリとして活用することもでき、左右均等運動なので体のゆがみの矯正にもなり、手軽であるのに「質の高いトレーニング法」といえます。

ダブルポールの素晴らしい効果

登山の時にも二本のトレッキングポールを利用すると素晴らしい効果が得られます。
「一本のポールとダブルポール、どっちがいい?」
初心者登山メンバーによく聞かれますが、断然ダブルポールをオススメしています。
平地で使う全身運動の効果もあるのですが、ひざや腰の負担や疲労を軽減するのに優れているからです。
ダブルポールを使うことで、推進力の補助になるのはもちろん、さらに、体が左右にブレないため、リュックがユサユサ揺れ動かず、体の負担が激減するのです。
少々、ひざや腰に不安のあった方が難なく登山をされるのによく同伴し、有効性を実感しています。
単に歩くのが遅くて仲間についてこられなかった方にも効果的で、ダブルポールを貸してあげた途端に、遅れることなくついて来られるのも何度も実体験しています。

長い距離を歩いた経験がない、体力に自信がない、歩くのが遅い、年齢的についていきにくくなったという方には、ダブルポールは大きな助けになるでしょう。
普通に、両手で手すりにつかまって歩くと楽なのを想像していただければ想像できるかと思います。

余談ですが、私の家の近所に、脳梗塞で歩くのが困難になった初老の男性がいました。もともとランニングをやっていて、よく家族と一緒に走っていた方なので驚きました。
退院してから、このダブルポールで歩く姿を見るようになるのですが、手にも足にも力が入らないようで、奥様が横に付き添い、20m歩くのにも足を引きずり、手からポールが離れ、大汗をかいて苦労していました。
しかし、あきらめずに歩き続けたこの方は、3か月もすると左右均等の動きで長い距離が歩けるようになり、1年経った今では、ポールウォーキング熟練者として闊達な姿で歩いています。

あらためて、このダブルポールのすばらしさを実感した出来事です。



基本の長さと、歩き方

基本的なポールの長さは、ウォーキング、登山とも同じで、身長✖️0.68に合わせてください。
手の長さに差があるので、あくまで基本の計算です。
地面につくと、ひじが直角になるのが目安です。

ポールの先が、前の足と、後ろの足のちょうど真ん中につくのがベスト!
出た足と反対の手が前。普通に手を振って歩くのと一緒ですよね。
何故かポールを持つと、同じ方の手と足が出る人がいて、顔を見合わせて笑ってしまうことがよくあります。

ポールが常に斜め後ろの角度になるように、拳を突き出すようにして歩きます。
ポールの先が前向きになると、前に進もうとする力を、後ろに押し返す形になり、非常に負担が増えてしまうからです。

登りは、後ろに押し出すように、
下りは、ひざの負担を減らすように前に突きます。

急坂の場合、登りはポールを短かく、下りは長めにして使い分けるテクニックも有効です。

特に登り坂では、前に突くことで体が起き上がってしまい、後ろに滑落しそうな危険な体制になるので、ポールの出し方のクセづけは大切です。
登山は、何千歩もの積み重ねになるので、1歩1歩に注意を払うことで、一日の疲労や、関節などの負担が大幅に違ってくるのです。

「足がメインで、ポールは後ろ足を蹴り出す補助」
と、考えて使えば、形も自然に決まってきます。
決して、ポールに頼りすぎ、乗しかかるような、無様な歩き方にはならないようにしましょう。

ダブルポールウォーキングを、年配者の中には、つえを持つというイメージから、抵抗を感じる方もいるのですが、それは大きな間違いで、安全で運動効率が高いトレーニングであり、なおかつ、世界的に流行しているものであることを理解してほしいと思います。

ポールを持ち運ぶ時のマナー

ポールを突く必要のない場所に来た時には、先が前になるように片手に持ってください。
先が後ろに向くような持ち方になると、後から来る人の顔や体を傷つけてしまいます。

同じ理由でリュックに収納するときも上側をリュックの高い位置にくくり付けましょう。背負った時は、自分で思っているよりもポールが斜めになってしまいます。それが、ちょうどほかの人の顔の高さになるので危険なのです。
安全を考え、他人に迷惑がかからないように、マナーを守ることは、レジャーを楽しむ人の義務です。

使い方をしっかりマスターすれば、ダブルポールウォーキングはあらゆる歩行の場面で活躍します。体力づくりや健康維持やリハビリ、そして、効率の良いダイエットとして、皆さんの健康ライフにおおいに役立つことでしょう。


コメントを残す