決定版!登山のマナー・ルール~街でも役立つ安心気遣い

スポンサー

「登山に来ている人は、みんな親切で優しい」

数年前に登山を教えていただいて、最初に感じたことです。
年配の方も若者も変わらず、気持ちよく挨拶したり、道を譲ってくれたり、非常に親切です。
しばらくして、その理由がわかりました。
それはルールやマナーを熟知していて、しっかり守っているからだったのです。

登山では、一人のはみ出した行動が、大きな事故につながることもあります。
だからこそ、登山者はルールやマナーを知って、自然に守っているのです。

登山のルール・マナーは、普段の生活でも役立ちます。
1人1人の小さな気遣いで、すべての流れをスムーズにして、
気持ちのいい思いをお互いに共有することができるのです。

【道のすれ違いのマナー・ルール】

挨拶をする
同じ趣味を持つ者同士、挨拶は最低限のルールです。
何より笑顔で言葉を交わすと気持ちいいものです。

それ以外にも山の挨拶は、
「安全に追い抜きをする合図」
「足元を見て歩く人に、自分が近づいていることを知らせる」
「遭難などあった場合、お互いの存在を覚えておくため」
「天候や道の状況等の情報交換のきっかけ」など、
かなり重要な意味を持っています。

登りが優先
登山では基本、登りが優先です。下りの人が道を譲りましょう。
登りの方がつらくペースを変えづらいものです。
余裕のある下りが道を譲ってあげましょう。

もう一つは、上にいる下りの人が、無理に動くことで、
転倒や落石を起こす恐れがあり、下にいる人を巻き込む恐れが大きいからです。

多人数がゆずる
大人数のグループが待つようにしましょう。
動きやすい少人数のグループの方が、スピードにばらつきがなく、スムーズで効率的に避けることができます。

場所がある方がゆずる
すれ違える場所、安全に避けられる場所がある方が譲りましょう。

※これらは、あくまで基本のルールです。
その場に応じた臨機応変な判断で、気持ちよく譲りあいをしましょう。
もし、ルールを無視した行動をする人がいても、自分の方がルールを知ったベテランなんだと考え、
ベテランらしく余裕をもって、見送ってあげましょう。

【休憩時のマナー・ルール】

コンパクトに休憩する
1グループがバラバラに広がって、ベンチや座りやすい場所を占領しないようにしてください。
ザックや荷物もひとまとめにし、広げて無駄に場所を取らないようにしましょう。
疲れているのはみんな一緒です。乾いていて、平らな場所で休憩したいものです。
同じ山を登り、同じ趣味を持つ者同士気持ちよく譲り合いしましょう。

標識や地図を避ける
標識や地図は、必要な人が見るためにあります。
ザックを持たせかけたり、休憩場所として座り込んだりしないように、場所を空けておきましょう。

フォトスポットを避ける
三角点の標識や山のポイントを表す看板は記念写真のためのフォトスポットにもなります。
ザックを持たせかけたり、座り込んだりしないようにしてください。

自分たちが写真を撮る場合も、人気スポットでは多くの人が、記念写真を撮ろうと待っています。
一人ひとり撮らないで、グループで一枚だけにして、速やかに順番を譲りましょう。

【音や声のマナー・ルール】

街なかでのマナー
民家のそばを通る時は、出来るだけ会話を慎み、ひっそりと通り過ぎましょう。
早朝でなくても、夜お仕事をしている人もいます。
自分の物差しで判断しないようにしましょう

会話、ラジオ、クマよけ鈴などのマナー
大声での会話や、大音量のラジオは控えめにしましょう。
山では、自然の音や静けさを楽しみに来ている人もいます。
大声で話したり、ラジオの音量にも気を付け、クマよけの鈴なども必要なところでだけ付けるようにしましょう。

ヘッドホンは山では厳禁
ヘッドホンはやめましょう。
追い抜きをしたい人のあいさつや注意歓呼も聞こえません。

※うるさい音や、ヘッドフォンのせいで、
落石や増水の音、注意を知らせる声が聞こえず、事故に遭遇する可能性があります。
自分だけならまだしも、山では周りも巻き込むこともあるのです。

【山を荒らさないマナー・ルール】

ポールの先にはキャップ
トレッキングポールの跡で、整備された登山道がガタガタになったり、
ぬかるみの原因になることが問題になっています。
ハイキング道では、ポールの石突きにラバーキャップを付けましょう。

草花は自然のまま大切に
植物を採取しないようにしましょう。
自然保護は山の原則です。自分本位に取っていってもすぐに枯れます。
何年もかかって自然の中で根付いた植物たちは、
その場所でこそ、たくさんの人を楽しませてくれるのです。

動物のエサやりはNG
動物にエサを与えないようにしましょう。
エサを与えることで、人を怖がらなくなり、人との接触が増えます。
誰かが襲われたり、菌やウィルスに感染する恐れが考えられます。
猫のためだからと、エサを置くのもいけません。
そこにエサがあることを覚えた、イノシシやクマの出没ポイントを作ってしまいかねないからです。

※ハイキング道を保つために、ボランティアを含めたたくさんの方が関わっています。
その人たちへの感謝の気持ちを、マナーという形でお返ししましょう。

【火の取り扱いのマナー・ルール】

たばこは危険だと認識する
たばこの取り扱いに注意しましょう。
火事になる原因のトップは放火、2位はたばこです。

街でも山でも、歩きたばこ、ポイ捨ては厳禁です。
休憩時も携帯用灰皿で、吸い殻の始末をして、
燃えやすいものがある場所では、絶対に吸わないようにしましょう。

トイレでのたばこは、厳禁です。誰もが使う個室なので、
アレルギーや喘息の方が来る可能性もあるのです。

休憩時、周りに人がいないところで吸うようにしましょう。
吸わない人にとっては自然の空気が台無しです。

「たばこは百害あって一利なし」の毒です。
周りにとっては迷惑以外のなにものでもないことを、自覚しておいてください。

バーベキューや焚火に注意
直火を使う、焚火やバーベキューをするときには、場所決め、風向き、後始末が大切です。
バーベキュー禁止になってしまった場所は、
ゴミ残しや、危険行為・迷惑行為があった結果です。
現在バーベキュー可能な場所でも、少数の自分本位なふるまいをする人のせいで、
いつそうなるとも限りません。
楽しめる場所を守るために、マナーやルールをしっかり守ってください。

バーナーの取り扱いの注意
調理ができるバーナー(コンロ、ストーブ)は、
バーベキューや焚火と違い、禁止の対象にはなりませんが、
「引火しやすいものが傍にないか」
「風向きは大丈夫か」
「強風などで飛び火しないか」
などの最低限の注意を怠らないようにしましょう。

【公共交通機関を使う時のマナー・ルール】

車内でのザック取り扱い
混雑時、大きなザックは、網棚や足元など、邪魔にならないところに置きましょう。
小さめのザックの場合、背負っていては邪魔になっていても気づかないことが多いので、
可能な限り、胸の前で持ちましょう。

トレッキングポール収納のマナー
ポールの先がきちんと固定できていないと、背負った時、後ろの人の顔の辺りに突き出す恐れがあります。
ザックに沿うようにしっかり上下を固定して、石突きにもラバーキャップを必ずはめましょう。

臭いのマナー・ルール
電車やバスなどでは、人との距離が近くなります。
汚れた衣類やゴミはきっちり収納して、不快な臭いで迷惑をかけないようにすることが大切です。
体から出る臭いも、汗拭きシートや着替えなどで、周囲への配慮を忘れないようにしましょう。

【登山届・登山計画のルール】

登山届を書く
登山届は面倒くさがらず、きちっと書くようにしましょう。
場所により、登山届の用紙がない場合もあります。
その場合のために、メモなどを携帯しておくと便利です。

登山計画を伝えておく
登山計画はあらかじめ周囲の人に伝えておきましょう。
安全に帰ってきて当たり前ですが、自然相手なので何があるかわかりません。
もしもの時に役に立つものなので、きっちり伝えておいて損はありません。
誰かに迷惑をかけるリスク管理を怠らないようにしましょう。

【キャンプ、山小屋泊のマナー・ルール】

山泊は、早寝、早起き
山の行動時間は早いです。宿営地に明るい時間に着き、人によっては朝3時や4時に出発します。
早く寝ている人も多いので、物音を立てない努力をしましょう。
ビニールの音はよく響くので気を付けましょう。

ゴミは残さない
食べ物やごみは残さないようにしましょう。食べ物を残すことによって、
キャンプ地が野生動物のえさ場になっていく危険もあります。
ビニールなどのゴミ残しで、小動物が死滅することもあります。
環境保存、生態系維持のために、立ち去る時には、自分たちのいた場所をチェックしましょう。

※人が野生の自然の中にお邪魔して楽しませて頂いているという謙虚な気持ちを忘れず、
人間の痕跡を残さないで帰りましょう。

 POINT!

登山のルールやマナーは、
危険回避に絶対必要のものばかりです。

これらをしっかり覚えることで、
街での思いやりを持った行動が身につきます。

ルールを守らない人がいても気分を害さず、
「この人は知らないだけなんだ。」
「自分の方が少し先にマナーを知った先輩なんだ。」
「先輩らしく、おおらかな笑顔で見送ってあげよう。」
というような大人の対応をしてあげましょう。

コメントを残す