第50回やまあそびハイク~菊水山

スポンサー

2020年1月19日(日)晴れ
今回のやまあそびハイクは菊水山!
サクッと登ってランチ新年会しようということでメンバー15人でスタートです。

降水量がめっきり少ないので沢の水はあまりありません。
歩きやすい素敵な道を思い思いにワイワイと楽しく進んでいきます。

すれ違うおじいさんに「美人ばっかりでんなー。」と言われました。
とても目のいい方だなと思いました。きっとクレオパトラか楊貴妃の団体に見えたのでしょう。
とりあえず「そうでっしゃろー」と相槌を打ってお姉さま方からの株を上げときました。

はじめはちょっと寒かったのですが、登りに入ると暖かく、特に日差しのある所ではポカポカして気持ちよいです。

トイレ休憩では、上着を脱いだり、水をのんだり、しゃべったりしゃべったりしゃべったり「行くよー!」と言ってもしゃべっててなかなか聞いてくれない。

ほどなくして最後のを登りをひと頑張り。

さらっと楽々登ってきたのに、登頂すると(ちょっとおおげさ)ある種の感動があります。
みんないい顔でパチリッ!

この日は湿気が少なく明け方に風が吹いたらしく、空は澄み、海の向こうの島影や紀伊半島までどこ果てることなく見渡せるようでした。

下りは尾根道から鈴蘭台高校に抜けるコースです。緩やかですがこちらの方が登ってきた沢道コースより少し長い道のりになります。
木漏れ日に照らされて素敵な山道を歩いていく皆さんの姿はまさにクレオパトラか楊貴妃か・・・ほんまもんは見たことはありませんが(笑)

下り終えたところで、この日の山道終了で
「ハイ、美人!」パチリッ!

今度はランチ予定の「みちくさ」までの街歩き。
実はこれが一番長い道のりでした。
山3㎞、街4㎞。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

でもお姉さま方にはこの距離もお楽しみ。ポジシン発言ばかり。
「こんな道はじめてやわ」
「素敵なおうち並んでるね」
「あそこがこんなとこから見えるんやね」
「この高台からの景色最高やねー」
頭が下がります。

小部中近くの「みちくさ」にはお昼ジャストくらいに到着。
サクッと登ってランチ新年会~のわりには歩きましたが、たくさんおしゃべりして、健康で楽しい道のりでした。
ちなみに私個人的にはおしゃべりの中で読むべき本を教えてもらえる収穫も。
すぐに購入し今読んでいます。

「みちくさ」はいつもにぎわっています。
美味しいしメニューも豊富でボリューム満点。

ナントここでも2時間30分ほどランチおしゃべり。
山に登る人は前向きで親切で明るい~個人的な意見ですが。
とても感じのいい時間が過ぎていきました。

今回もたくさんの方にご参加いただき感謝です!
このハイキングが50回も続いたのは皆さんのおかげです。
今年もぜひたくさんの方にご参加いただき、山の楽しさ、歩くことの大切さ、その時間に生まれるコミュニケーションの素晴らしさを共有できたらうれしいです。
ホントに皆さんありがとうございました。

コメントを残す