第54回やまあそびハイク~菊鍋

2021年2月6日(土曜日)
第54回やまあそびハイクを開催しました。
菊水山・鍋蓋山のちょい縦走。
メンバー10名で鈴蘭台スタートです。

久しぶりに山歩きする方も多く、とても楽しそうです。
山初心者のせんちゃん(私の友達)、メンバーさんのご主人様も参加です。
ここだけの話、せんちゃんはエラ呼吸ができるんだよ・・・ヒソヒソ。

菊水山の沢道をのんびり歩きます。

菊水山トイレ前でまったりした後は、頂上まで進まず手前の分かれ道を鍋蓋山方面に。

鍋蓋山に向かう菊水山の下り道がなかなか激しい。
皆さん足場を探りながらゆっくりと進みます。

やっとこさ最後の下りを攻略。
その先には、そこだけまぶしい光を集める天王吊り橋があります。

さあ、今回の一番の山場、鍋蓋山の登りです。
急登過ぎて、まっすぐに道は切られていません。
まさにつづら折りの教科書のようなコースです。

最後の登りをググっとよじ登ります、
みんな荒い呼吸ハアハア、せんちゃんはエラをパクパク・・・

今回の最高峰486m、鍋蓋山の三角点でパチリっ!
「ハイ、美人~!」
せんちゃんが撮影してくれたので、私もin!

頂上の展望台へのアクセスには階段ができてました。
逆光~、シルエットで「どんだけ~っ!」ポーズ
皆さん自発的にやっってくれました・・・
え・・ええ、そうですとも・・・

この後は、のんびり下り道。
リスなどに出会うこともある気持ちのいい道です。

修法ヶ原には向かわず、鍋蓋北道を進み・・・

洞川方面手前から牛の背コースに・・・

二軒茶屋の丸亀製麺でやっと空腹を満たします。
Sさんのお腹が「グ~グ~ッ!」と賑やかだったので、やっとこれで落ち着きます。
いえいえ、私のお腹じゃありません。
えぅ、こちらから聞こえた???
空耳ですよ~~~~( ゚Д゚)

しっかりと新型コロナ対策をしながら、少しだけ道草でコーヒーも楽しみ、お開きです。

ギリギリに計画を立てたにも関わらず、やまあそびメンバーさんや、せんちゃん、メンバーさんの旦那様まで、たくさんの方にご参加いただきとても楽しかったです。
皆さんの日頃の行いのおかげでお天気にも恵まれ、最高のハイキングができました。
本当に感謝しております。
また、お山にご一緒くださいね!
ありがとうございました。

第51回やまあそびハイク~須磨アルプス西側

2020年3月29日、快晴、第51回やまあそびハイク開催!
今回は新型コロナや前日の雨を考慮した方がおられ、メンバーさん5人のハイキングです。
朝方まで雨が降っていたおかげで空気が洗われ、はるか和歌山まで見える絶景を楽しみながらのスタートとなりました。 「第51回やまあそびハイク~須磨アルプス西側」の続きを読む…

第47回やまあそびハイク~穂高湖

2019年10月13日日曜日曇り。
やまあそびハイクが開催されました。
今回は10名。ちょっと肌寒い。
お尻が冷えないように簡易クッションをプレゼント。
私のようなデカけつは天然クッションたっぷりですけど、皆さんのような・・・アレはアレですから・・・あれ?!

「第47回やまあそびハイク~穂高湖」の続きを読む…

第44回やまあそびハイク~大池地獄谷西尾根

2019年6月16日(日)
神鉄 大池駅9:30
今回は8人の仲間が集合しました!

まず、1.5㎞程の街歩きです。
大池市街地は閑静でのどかですが道が狭く坂だらけです。

六甲有料道路につながる大通りに出て少し行くと、地獄谷入り口です。

最初はなだらかな道をのんびりと歩きます。

ところが地獄谷道から分かれ地獄谷西尾根道に入ると一変!
急坂
岩場
砂利道
ロープ
とにかく、あらゆる登りが延々と続きます。

ちょっと水分休憩後、
みんなで励ましあいながら
まだまだ登る
ガンガン上る

なんと、急な登りを1時間30分!
そこは山の絶対的ルール
「ゆっくりでも止まらず一歩一歩進めば、必ず目的地に着く」
そして、到着!!
ダイヤモンドポイント!!
上がりつくまで振り返らないようにしてもらい、振り返って歓声が上がります!

「ダイヤモンドのポーズ」
皆さんがダイヤモンドのように輝いています。

そこからはのんびり歩きです。
ワイワイとお話ししながら、
花を愛でたり、
キイチゴを採って食べたり

登りは帰りに通るシュラインロードを避けるためノースロードに向かわず、丁字ヶ辻の方に出ました。
六甲山西側のオアシス「藤原商店」、「六甲山ホテル」、「六甲山郵便局」なんかを横目にプラプラ

12:10 記念碑台、到着!
やっと、お昼ご飯
雀の子のように並んで食べます。
ちょっと肌寒い~~
ゆっくりおやつも堪能!

帰りはお決まりのシュラインロードを歩きます。
仏像が並ぶ素敵な道!

山道最後の鳥居をくぐり道路へ。
土道のほうが足に優しいのを如実に感じます。
この日は大池まで歩きます。

大池に到着後、マックスバリューでティータイムです。
山歩きの楽しさ、健康の大切さ、動いた後のお茶のおいしさ、仲間と集うありがたさを、いつものようにしみじみ噛み締めます。
今回もやまあそびハイクができて良かったと感じるひとときです。

ご参加いただいた皆様、山の達人フー子さん、本当にありがとうございました。
また次回もぜひお願いします。