第47回やまあそびハイク~穂高湖

2019年10月13日日曜日曇り。
やまあそびハイクが開催されました。
今回は10名。ちょっと肌寒い。
お尻が冷えないように簡易クッションをプレゼント。
私のようなデカけつは天然クッションたっぷりですけど、皆さんのような・・・アレはアレですから・・・あれ?!

「第47回やまあそびハイク~穂高湖」の続きを読む…

第44回やまあそびハイク~大池地獄谷西尾根

2019年6月16日(日)
神鉄 大池駅9:30
今回は8人の仲間が集合しました!

まず、1.5㎞程の街歩きです。
大池市街地は閑静でのどかですが道が狭く坂だらけです。

六甲有料道路につながる大通りに出て少し行くと、地獄谷入り口です。

最初はなだらかな道をのんびりと歩きます。

ところが地獄谷道から分かれ地獄谷西尾根道に入ると一変!
急坂
岩場
砂利道
ロープ
とにかく、あらゆる登りが延々と続きます。

ちょっと水分休憩後、
みんなで励ましあいながら
まだまだ登る
ガンガン上る

なんと、急な登りを1時間30分!
そこは山の絶対的ルール
「ゆっくりでも止まらず一歩一歩進めば、必ず目的地に着く」
そして、到着!!
ダイヤモンドポイント!!
上がりつくまで振り返らないようにしてもらい、振り返って歓声が上がります!

「ダイヤモンドのポーズ」
皆さんがダイヤモンドのように輝いています。

そこからはのんびり歩きです。
ワイワイとお話ししながら、
花を愛でたり、
キイチゴを採って食べたり

登りは帰りに通るシュラインロードを避けるためノースロードに向かわず、丁字ヶ辻の方に出ました。
六甲山西側のオアシス「藤原商店」、「六甲山ホテル」、「六甲山郵便局」なんかを横目にプラプラ

12:10 記念碑台、到着!
やっと、お昼ご飯
雀の子のように並んで食べます。
ちょっと肌寒い~~
ゆっくりおやつも堪能!

帰りはお決まりのシュラインロードを歩きます。
仏像が並ぶ素敵な道!

山道最後の鳥居をくぐり道路へ。
土道のほうが足に優しいのを如実に感じます。
この日は大池まで歩きます。

大池に到着後、マックスバリューでティータイムです。
山歩きの楽しさ、健康の大切さ、動いた後のお茶のおいしさ、仲間と集うありがたさを、いつものようにしみじみ噛み締めます。
今回もやまあそびハイクができて良かったと感じるひとときです。

ご参加いただいた皆様、山の達人フー子さん、本当にありがとうございました。
また次回もぜひお願いします。

第43回やまあそびハイク~芦屋地獄谷

5月19日(日)9時30分芦屋川駅
この日集まったのは今までで最小人数5人!
しかし少数ながら精鋭ぞろい!
ということで、芦屋ロックガーデンから大人数ではとても案内できない「芦屋地獄谷」に急遽予定を変更!

長ーい登山口までの街歩き。
芦屋山の手の豪邸をうらやましく見ながら、やっとロックガーデン登山口まで到着。

高座の滝でパシリッ!

このすぐ上から、大渋滞のロックガーデンを横目に河原に下りていきます。

実はこの「芦屋地獄谷コース」は道らしい道は進みません。
渓流が削り出した自然の沢を進んでいくのです。

当然、滝あり岩登りありのサバイバル。

時にはちょっと手助けしたり
岩ゴツゴツに足を取られたり
ビチョビチョになったりして
これが本当に楽しい

深くて狭い谷あいを進むので涼しい
大岩も迫力満点

渓流歩き最後の岩を登ります

水のない岩場を少し行くと、ロッククライミングのメッカ「Aケン」です。
たくさんのクライマーが取り付いてました。

そこから真砂土ガラガラのすべりやすい斜面をグググっと登り上げるとパッと景色が広がります。

今以上太ったら通れないセリ岩で挟まってみました。

師匠のおしりも引っ掛かりそう(#^.^#)

また、いかつい岩場を越えたら
ピラーロックに到着!!
お弁当だいっ!ヤッホイ

夢のように美しい渓流歩きに想いを馳せつつ、食欲はすすみます。
大人数用に用意していたおやつがいっぱい!
うれしい(*’▽’)

お腹いっぱいになり、しばらく歩くとロックガーデンからくる道に合流します。
風吹岩では、おなじみのイノシシに遭遇

下りは保久良神社道から外れ、七兵衛山下の道の方に

美しい道の途中に、七兵衛山愛好家の男性が作ったベンチや橋がまるで芸術品のようにたくさんあるんです。
この道大好き!

土の道からアスファルト・・・
街に下りてきました
ちょっと残念

岡本に下りてきて、すでに行きつけになった喫茶店で、迫力満点のやまあそび話で盛り上がりました。

突然の思い付きで道なき道に引っ張り込んじゃいましたが、お付き合いいただいてありがとうございました。
自分たちでは絶対行けないコースだったと、楽しんでもらえて良かったです。
私も1人で歩くのと違い、ワクワクうきうき楽しめました。
ご参加いただいた皆様、本当い感謝しています。
また次回もご参加お願いします。